SHTML--よくある質問(トラブルシューティング)

  1. 「SHTML」によって暗号化すると文字化けします。
  2. 「SHTML」によって暗号化するとJavascriptが動かなくなりました。
  3. 「SHTML」によって暗号化すると画像が表示されなくなりました。

  4. 「SHTML」によって暗号化すると、ローカル環境での表示テストの際、「セキュリティの警告」が表示され、「Javascriptがoffになっている」旨のメッセージが表示されるようになりました。

  5. 「SHTML」で暗号化するとレイアウトの表示が乱れることがあります。
  6. 「SHTML」で一度は暗号化したのですが、やっぱり元に戻したいです。どうすれば良いですか?


  7. 「SHTML」で暗号化したソースには、「スペース」が多数含まれていましたので、「スペース」を削除しました。すると動かなくなりました。なぜですか?

  8. ブログを利用していますが、どのようにSHTMLを利用すればいいか分かりません。教えてください。

  9. ホームページビルダーを使っていますが、SHTMLで暗号化したファイルをどのように再編集すればいいのか分かりません。教えてください。

  10. SHTML内のFAQのページ内のリンクをクリックした時にダイアルアップ接続の画面が表示されました。なぜしょうか?

  11. 自分の作成した暗号化ページが表示される時、ステータス行を見ていて気が付いたのですが、御社サーバ(www.shtml.jp)にもアクセスしているようです。体験版でもないのになぜでしょうか?

1.「SHTML」によって暗号化すると文字化けします。

「SHTML」で日本語も含めて暗号化しますと、ページのほとんどがアルファベットや数字になります。「日本語もエンコードする」のオプションを有効にしている場合、ページタイトル・メタタグ・Javascriptをoffにしている人のためのメッセージ(<noscript>〜</noscript>)の3箇所だけが日本語混じりになります。そのため、適切なメタタグによる文字コード指定(<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">など)を行わないと、文字化けが発生する場合がございます。

また、メタタグによる文字コード指定は、必ずタイトルタグやメタタグによるキーワード指定の前に行ってください。それでも文字化けが発生する場合には、以下の方法で解決するかご確認ください。

  1. メタタグによる文字コード指定と、実際のファイル保存時の文字コードは一致していますか? 一般にWindows、Macでファイル保存を行った場合、文字コードはShift_JISになります。

    たとえば、メタタグで「<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=EUC-JP">」と指定した場合でも、実際にはShift_JISで保存している場合には、ブラウザは混乱し、文字化けして表示する場合があります。

  2. 「SHTML」によって暗号化されている部分を外部ファイル化してください。これにより、ファイルの中に占めるアルファベットの量が圧倒的に減りますので、文字コードの誤認率が下がると思います。SHTMLのProfessional版(で利用可能なSEOフレンドリーバージョン)及びEnterprise版(一括変換版)では、簡単に外部ファイル化(HTMLファイルとJSファイル2つを自動生成)することが可能です。Standard版では、手動で行っていただく必要があります。

  3. .htaccessをご利用ください。.htaccessによる文字コード指定の詳細については、「文字化け対策としての.htaccess」をご参照ください。

2.「SHTML」によって暗号化するとJavascriptが動かなくなりました。
Javascriptの外部ファイルをご利用になられています時(プラスアルファの条件がもろもろあります。)に、「『SHTML』を利用することにより、レイアウトが変わってしまう」場合があります。

しかし、大部分のケースにつきましては、そのJavascriptは「SHTML」によって暗号化する前から、正しく動いていなかった場合であると考えられます。「SHTML」によって暗号化する前からJavascriptが動いていなかった場合、弊社ではデバッグその他のご協力はできませんので、その旨ご了承ください。

もし、「SHTML」によって暗号化される前は正しく動作していたのに、「SHTML化後動作しなくなった」ということであれば、サポートまでご連絡ください。その際、「SHTML」で暗号化する前のファイル(元のオリジナルのファイル)と「SHTML」で暗号化したファイルと、両方を添付してお送りください。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。技術サポートのメールアドレスは製品及び体験版に記しています。


3.「SHTML」によって暗号化すると画像が表示されなくなりました。
画像が表示されない場合、以下のことをご確認ください。
  1. 画像が表示されないのは、本ソフトによる暗号化処理の最後の段階でのプレビューでのお話ですか? その場合は、公開時のURLを正しく入力されているかご確認ください。

  2. 暗号化したHTMLファイルを、サーバにアップする際、正しいディレクトリーにアップしていますか? 暗号化する前と同じディレクトリーにアップしていただかないと、正しく表示されません。
以上のいずれのケースでもない場合には、お手数ですが、サポートまでご連絡ください。サポートのメールアドレスは、製品もしくは体験版に記載しています。

  


4.「SHTML」によって暗号化すると、ローカル環境での表示テストの際、「セキュリティの警告」が表示され、「Javascriptがoffになっている」旨のメッセージが表示されるようになりました。
Windows XP SP2(Home版及びProfessional版)をご利用ではないでしょうか? Windows XP SP2では、セキュリティが大幅に強化されました。しかし、これは何も「SHTML」が危険なことをしていることを意味しません。ローカル内(つまり、お客様のパソコン)内にあるHTMLファイルをInternet Explorerに表示さた場合、XP SP2では、Javascriptを含むアクティブコンテンツが記述されているHTMLファイルかどうかを判断し、JavascriptやVBScriptを含んでいる場合には、一律に、「セキュリティ保護のため、コンピュータにアクセスできるアクティブコンテンツは表示されないよう、Internet Explorerで制限されています。」というメッセージがブラウザ上部に表示されます。詳細は、「SP2トラブル「ローカルのHTMLファイルをブラウザに表示すると警告が表示される」をご参照ください。

「SHTML」によって暗号化されたページには当然Javascriptが含まれていますので、このようなメッセージが表示されることとなります。しかしながら、この問題は、ローカルでの表示テスト時にのみ発生する問題であり、いったんサーバにアップしていただければ、このような警告メッセージは一切表示されません。これはWindows XP SP2の仕様であり、「SHTML」の問題ではありません。ご安心ください。

XP SP2環境下でプレビューしていただくためには、

  • 警告メッセージが表示されるごとに、その都度、情報バーから「ブロックされているコンテンツを許可」してください。

  • ローカルサーバ(Apache、IISなど)をWindowsにセットアップして、「http://〜」のURL形式でアクセスできるようにしてください。

  • 一般公開用の本サーバの適切なディレクトリーに、別ファイル名で暗号化されたファイルをアップして、表示の確認を行ってください。公開用ファイル名でいきなりFTPでアップロードすることはお避けください。(暗号化前の平文のHTMLファイルは必ずバックアップしておいてください。)
のいずれかの方法で回避してください。

  


5.「SHTML」で暗号化するとレイアウトの表示が乱れることがあります。
よくある質問(仕様上の制限事項について): 4.「SHTML」で暗号化するとレイアウトの表示が乱れることがあります。」をご参照ください。

  


6.「SHTML」で一度は暗号化したのですが、やっぱり元に戻したいです。どうすれば良いですか?
SHTMLの体験版及び製品版内の「はじめに」」及び、暗号化後に表示されます公開手順の御説明文にも記載させていただいていますように、暗号化する前のファイルは必ずバックアップしていただく必要があります。一字でもページ内の文字を修正されようとした場合、元のファイルが必要になります。

元のファイルがない場合に、暗号化されたファイルから元のファイルに戻すには、暗号を解読しなければなりませんが、これは、一般の方には簡単にはできないはずです。(これが簡単にできたら、当製品の意味がありませんね。)

なお、有料オプションとなりますが、弊社では、元のファイルに戻す作業も請け負わせていただいています。弊社サポートまでご連絡ください。有料オプションの料金体系については、 をご参照ください。


  


7.「SHTML」で暗号化したソースには、「スペース」が含まれていましたので、「スペース」を削除しました。すると動かなくなりました。なぜですか?
SHTMLで暗号化したソースのうち、手動でいじられることができるのは、
  • ドキュメントタイプの宣言
  • タイトルタグ
  • メタタグ(文字コード宣言やSEO用キーワードや説明文)
  • Javascriptをoff(無効)にしているユーザーのためのメッセージ(<noscript>〜</noscript>の部分)
です。

それ以外の部分は原則として、触っていただくことはできません。とくに、<script>〜</script>の部分は、たとえスペース文字であろうともつめたりできませんし、また、不用意に改行などを入れられますと、Javascriptが動かなくなります。ご注意ください。

誤ってJavascript部分を変更してしまって、正常に動かなくなってしまった場合は、お手数ですが、元のファイルを使って、もう一度暗号化してください。元のファイルをなくしてしまった場合には、前項をご参照していただくことになりますが、お手持ちの暗号化後のファイルが既に壊れてしまっていますので、修復が困難な場合が多いと思われます。WEB上(ご利用になられているサーバ)に正常に表示されるファイルが存在する場合には、そのURLを弊社サポートお知らせいただくか、FTPでそのファイルをダウンロードしていただいて、ご連絡ください。WEB上にも存在しない場合は、残念ながら、ほとんどのケースで修復が困難だとお考えください。


  


8.ブログを利用していますが、どのようにSHTMLを利用すればいいか分かりません。教えてください。?
SHTMLの動作環境『16.ブログでも利用可能ですか?』」をご参照ください。

  


9.ホームページビルダーを使っていますが、SHTMLで暗号化したファイルをどのように再編集すればいいのか分かりません。教えてください。?
まず、ご理解していただきたいことは、SHTMLで暗号化したファイルを、再編集することは基本的に不可能です。再編集が必要になった場合には、必ず、オリジナルのファイルをホームページビルダーやDreamweaverなどのホームページ制作ソフトやテキストエディターなどで編集後、再び、SHTMLで暗号化するという手順を取っていただく必要があります。

そのため、必ずオリジナルのファイルをバックアップしておいていただく必要があります。SHTMLにおいて、バックアップの必要性を説くのは、万が一、SHTMLで暗号化した場合に、意図どおりにならなかった場合に、元に戻すために必要という意味合いもありますが、それだけではありません。再編するために、必ず必要になってくるからです。

なお、暗号化した後であっても、タイトルタグやメタタグ、Javascriptを無効(off)にしているサイト訪問者のためのメッセージ(<noscript>〜</noscript>)は再編集が可能です。ただし、その場合でも、秀丸エディターなどのテキストエディターで再編集されることをお奨めします。ホームページ制作ソフトによっては、SHTMLのJavascriptなどを勝手に書き換えてしまう場合もあるかもしれませんし、また、弊社では、ホームページ制作ソフトの利用法については一切お答えできません。


  


10.SHTML内のFAQのページ内のリンクをクリックした時にダイアルアップ接続の画面が表示されました。なぜしょうか?
SHTML内にあるFAQなどでは、インターネット上に公開されているHTMLドキュメントにリンクしている場合もあります。その場合、常時接続環境ではなく、ダイアルアップ接続のユーザー様の環境においては、ダイアルアップ接続の画面が現れることがあります。

決して、SHTMLがお客様の情報などをバックグラウンドで、サーバに送信しようとしているというようなことはありません。ご安心ください。

なお、プレビュー機能は弊社サーバにおいて行いますので、必ずインターネットに接続されている必要があります。そのため、ダイアルアップ接続環境の場合、インターネット接続のための画面が表示されることがあります。

このようなこともあり、絶対的条件ではないのですが、弊社では、SHTMLの推奨環境としてADSLやFTTHなどの常時接続環境を掲げさせていただいています。


  


11.自分の作成した暗号化ページが表示される時、ステータス行を見ていて気が付いたのですが、御社サーバ(www.shtml.jp)にもアクセスしているようです。体験版でもないのになぜでしょうか?
ライセンスの項目でも御説明していますように、SHTMでLは掲載サイト数を制限しています。また、体験版で作成したページを一般公開されることは許可していません。また、一部コンテンツの内容により、掲載をご遠慮いただいているテーマのホームページにはSHTMLのご利用を控えていただいています。

そのため、大変恐縮ではありますが、掲載サイト確認用のHTMLタグ(トラッキング・タグ)を暗号化ソースに入れさせていただいています。そのため、SHTMLで暗号化したページには、必ず、弊社サーバ(www.shtml.jp)にアクセスするタグが含まれています。なお、このことは、体験版・製品版インストール時の規約や、体験版・製品版の中の「はじめに」にも掲載させていただいています。ご確認いただければと思います。

言わずもがなですが、お客様及びお客様のサイトへの訪問者の方々のプライバシー情報を弊社サーバで採集するようなことは一切行っておりません。ご安心ください。