「Standard版」と「Professional版」の違いについて

  1. 「Standard版」と「Professional版」の違いについて、教えてください。
  2. 「Standard版」から「Professional版」へのアップグレードは可能でしょうか?
  3. demo版で試せる機能は?

各機能の詳細はこちらをご参照ください。
機能Standard版Professional版体験版



HTMLソースの暗号化
 「このページは『SHTML』体験版によって保護されています。」という旨のクレジット表記がページ上部と下部に表示されます。)
右クリック禁止
 右クリック時、「protected by www.shtml.jp」と表示されます。「Standard版」「Professional版」では、このメッセージをカスタマイズしたり、非表示にできますが、体験版ではできません。)
テキスト選択の禁止
日本語もエンコードする
印刷を禁止する
ドラッグ&ドロップを禁止(画像コピー防止のため)
Internet Explorer6の
イメージツールバーの
表示を禁止する
フレーム内の表示を禁止する
ステータスバーにURLを表示させない
ショートカットキー対策
(Windows用ブラウザに対して、
CtrlキーとAltキーの使用を無効化します。)



画像保護機能
(たとえ右クリックをされたとしても、ダミーの画像(無色)しか保存できないようにする機能です。
画像保護機能を体験してもらいやすいように、敢えて右クリック禁止機能を解除した
×
Refererによるアクセス制御
サンプル
×
フレームの解除禁止
(子フレームに直接アクセスがあった場合に、親フレームなどのURLに自動転送することができます。)
×
ローカルパソコンでの閲覧を禁止する×
掲載サイトのドメインを限定する×
暗号化済みページが表示されるウインドウ名を固定する機能
(ツールバー・メニューバーのないサブウインドウ内での表示コンテンツの保護などにご活用ください。お気に入り・履歴・サーチエンジン経由などで、想定外のウインドウ名でアクセスされている場合には、サブウインドウを開きなおすためのボタンだけを表示したり、エラーメッセージを表示することができる機能です。
詳細は、体験版及び製品版で御確認ください。
サンプルページ1   サンプルページ2
×
一定時間以上の閲覧を禁止する機能(強制ログアウト機能)
(例えば、5分とか10分など、設定した時間以上、サイト訪問者が同一ページをブラウザ上に表示させている場合、強制的に空白ページを表示させたり、別のページに転送させたりすることができます。)
詳細な説明及びサンプル
×
Firefox保存対策 ×
WEB開発者・上級者向けツールに対する対策×
Firefoxのアドオン「Flashblock」対策 ×
Firefoxのアドオン「Firebug」対策 ×
Firefoxのアドオン「ScrapBook」対策 ×
Firefoxのアドオン「AdblockPlus」対策 ×
IE8の開発者ツール対策 ×
アクセスをWindows版IE5以上に限定する機能
(イントラネットでご使用になる場合などにご利用ください。Macからのアクセスや、Firefox・Operaからのアクセスはエラーにできます。)
サンプル
×












JavaScriptのエラーを一切表示させない機能
(ブラウザのステータス欄などに

のようなエラー表示を強制非表示にできます。)








「ファイル」→「名前を付けて保存」をできなくする機能
(Windows版IE/Mac Safari向け機能)
← IE6 SP2でのエラー画面サンプル。

×
(有料での対応)
キャッシュ対策×
(有料での対応)
×
PrtScr対策
(PrintScreenキー対策)
×
(有料での対応)

(一部機能制限あり)
サーバサイドSHTML(PHP版/Perl版/Classic ASP版/ASP .NET版/JSP版)
PHPやPerl、ASP、JSP/Javaサーブレットなどで構築されたサイトのページソース暗号化のためのオプション
×
(有料での対応)
×


Javascript単体や
JSファイル(Javascript
の外部ファイル)、
VBScript単体の暗号化
×
 暗号化したスクリプトを貼り付けたページ(HTMLファイルなど)を開くと、体験版で作成した旨のアラート(メッセージ)が必ず表示されます。)
SEOフレンドリー
・バージョン
×
 暗号化されたHTMLソースを、HTML本体とJSファイル2つにプログラムで自動分割生成します。サーチエンジン対策に利用できるオプションです。HTML本体を最小化することで、サーチエンジン・ポジショニングを最適化することが可能です。)
どこでもSHTML
(HTMLソース内の任意の箇所を暗号化できます。また、右クリック禁止などのプロテクトコードを追加することができます。さらに、暗号化したソースは外部ファイル化することで、SEO的な観点での懸念も解消できます。サンプルページ

(一部、利用できない機能があります。)
SHTML for ブログ
(JavaScriptを含む投稿が許可されているブログで御利用いただけます。)

(一部、利用できない機能があります。)
SSIモード(β版)
(制限事項及び仕様は体験版及び「よくある質問」で御確認ください。「サンプルページ」)
HTMLダイエット
(HTMLソースから不要な改行やタブ文字を削除して、ファイルサイズの縮小を行うためのソフト。SHTMLでHTMLソースを暗号化する前にご利用ください。)
×
JavaScript Maker for 動画/音楽
(IE6 SP2やIE7などでFlashを表示する際に、「このコントロールをアクティブ化して使用するにはクリックしてください」というポップアップのメッセージが表示される現象(これは、SHTMLで暗号化していないページでも起こります。)への対応策。WEBアプリケーション版と同機能です。)
メタタグ・ジェネレーター
(SEOに必須のメタタグ(キーワード・要約文)を簡単に作成できます。)
Transition Effect Maker
(画面遷移に伴うビジュアル効果サンプルのためのメタタグを簡単に作成できます。)
パスワード制限モード
(入室制限をしたいけれど、.htaccessやCGIなどが使えない方向け。サンプル
×
ページの一部を暗号化しないオプション
(アフィリエイト用広告タグをそのまま残しておきたい場合など。)
サブウインドウ
(別ウインドウ)
作成支援ツール
×
掲載可能サイト数2つまで5つまで
×
不特定多数の方への一般公開不可
 表示・動作の確認のために、サーバにアップし、
限られたスタッフ内でご確認してただくことは、
全く問題ありません。

 ただし、体験版で作成したページは作成後、15日間(=360時間)のみ閲覧可能です。
それ以降にアクセスしても、空白のページが表示されます。体験版プログラム自体は30日間起動可能ですので、試用期間中であれば、体験版で新しくページを作成しなおすか、SHTML製品版のご購入をご検討ください。

無料メールサポート ご購入後30日 (キャンペーン
ご購入後90日
ご購入後120日
(キャンペーン
サポートなし
合計2回まで
価 格 2,940円 7,980円 無料

※ キャンペーンは2011年1月31日までにご購入いただいた場合です。(体験版の場合には、お問い合わせ日時が2011年1月31日まで。)


FAQ検索:
1.「Standard版」と「Professional版」の違いについて、教えてください。
「Standard版」については掲載可能サイト数は2です。また、「Professional版」については掲載可能サイト数は5です。掲載サイト数の数え方については、こちらを参照してください。

また、「Professional版」では、基本機能だけでなく拡張機能やJSファイルの暗号化、SEOフレンドリーバージョンがご利用になれます。さらに、「Professional版」では、HTMLソースの暗号化を補助するツールとして、サブウインドウ作成支援ツールもご利用になれます。メニューやURLを非表示にすることで、HTMLソースの防御がより強固になります。簡単なダイアログにウインドウのサイズや入力したり、オプションを選択するだけで、ポップアップ・ウインドウを開くためのテキストリンク・画像リンクのためのHTMLタグが生成されます。

詳細は上の一覧表をご確認ください。


2.「Standard版」から「Professional版」へのアップグレードは可能でしょうか?
はい、可能です。その場合、アップグレードのための料金として5,880円(税込み)を請求させていただきます。

3.体験版で試せる機能は?
右クリック禁止時に表示するメッセージのカスタマイズ機能を除いては、全ての機能をお試しいただけますが、「SHTML体験版で作成したページを、不特定多数の方には一般公開できません。(テストのために、お客様のサーバにアップされ、表示・動作などを確認されることは全く問題ありません。)」「体験版で作成した旨のメッセージが必ず表示されます。」などの制限事項があります。詳しくは、上の一覧表をご参照ください。

  


4.一括変換版はありますか?
Enterprise版という上位版で可能です。Enterprise版の体験版はこちらからダウンロードしていただけます。なお、Enterprise版には「どこでもSHTML」や「SHTML for ブログ」は入っていませんが、Enterprise版の御購入者の方には、ご希望の方にはProfessional版を無料で進呈いたします。