「SHTML」とアフィリエイト

  1. アフィリエイトの広告を掲載しているのですが、注意すべき点はありますか?
  2. Google Adsenseの広告が、ページレイアウト上意図しないところに表示されます。
  3. あるアフィリエイトの会社との提携が切れたために、広告を差し替えたいのですが、どのようにすればいいのですか?

  4. AFモードでは、非常に古いブラウザではレイアウトが乱れたりコンテンツが表示されなかったりするようですが、具体的にはどのブラウザで起こるのでしょうか?
  5. AFモードを利用する上で、注意すべき点や、賢い利用法などありましたら、教えてください。

  6. <!-- shtml start -->タグを入れているのに、「現在のモードでは無効である」旨のエラーメッセージのようなものが表示されました。暗号化したくない部分があって、かつ、SEOフレンドリーのようにHTMLファイルとJSファイルの自動分離を行いたい場合はどうすればいいのですか?

1.アフィリエイトの広告を掲載しているのですが、注意すべき点はありますか?

アフィリエイトの広告の場合、規約により「広告タグは改変してはならない」と書いてあることが多いと思います。広告タグを含むHTMLソース全体が、「SHTML」によって暗号化されていても、広告はちゃんと表示されますし、トラッキング用の「1×1」の画像の表示も問題なく行われます。HTMLソースの中では、確かに「ぐちゃぐちゃになったパズル」のようになっているHTMLソースですが、ブラウザに表示される際にはブラウザが正しく解釈し、正しくレンダリングしますので、広告の改変は1文字たりとも行われていないとも言えます。

ただし、この解釈は「微妙」と言わざるを得ませんので、弊社では、AFモードというものを準備しています。AFモード(アフィリエイト/Affiliate 広告掲載ページ用)では、暗号化したくない部分の前後に タグを挿入し、サンドイッチすることで、その部分は暗号化しないことが可能です。

たとえば、
<!-- shtml start -->
<a href="http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=******" onClick="sopenWindow_sh(this.href);return false;">
<img border="0" width="468" height="60" alt="Click Here!" src="http://ad.a8.net/svt/bgt?aid=*****&wid=001&eno=01&mid=s00*****&mc=1"></a>
<img border="0" width="1" height="1" src="http://ad.a8.net/0.gif?a8mat=*******" alt="Click Here!">
<!-- shtml end -->

のようにしてください。これにより、正真正銘、広告タグを一文字もいじることなく掲載が可能になります

なお、弊社からアフィリエイト・プロバイダ(バリューコマース様など。)に対して、皆さんを代表して、AFモード以外での暗号化の可否について問い合わせすることはいたしませんので、あらかじめご了承ください。

言わずもがなではありますが、広告タグを改変していること(不正を行っていること)をばれないようにするために暗号化するなどの行為は絶対に行わないでください。


  


2.Google Adsenseの広告が意図しないところに表示されます。
Google Adsenseの広告タグはJavascriptの外部ファイルを用いており、その中で「document.write」を使うことで広告タグを出力しています。そのため、「SHTML--よくある質問(仕様上の制限事項について)--3.『SHTML』で暗号化するとレイアウトの表示が乱れることがあります。」でご説明していますように、SHTMLでページ全体を暗号化した場合、表示が乱れます。具体的には、オリジナルのレイアウトではGoogle Adsenseの広告がどこに配置されていたとしても、常にページ最下部に表示されます。

現在、回避策は準備中です。個別には解決可能かもしれませんので、一度サポートにご連絡ください。

また、現在でも、Google Adsenseの広告の掲載位置をページ・トップに持ってくることは可能です(スタイルシートの「position:absolute」を使って、広告が表示されるべきページ・トップの箇所に別のオブジェクトが表示されるようになっていないか、ご注意ください。)。まず、Google Adsense抜きのHTMLソースをSHTMLで暗号化してください。次に、暗号化されたソースの「<html>」の前、もしくは「<body>」の直後に、Google Adsenseの広告タグ(暗号化されていないそのままの広告タグ)を貼り付けてください。<html>より前にJavascriptがある場合、文字化けが発生しやすくなりますので、もし文字化けが発生する場合は.htaccessで文字コードを指定したり、もしくは、残念ながら、ページ・トップへの掲載をあきらめてください。


  


3.あるアフィリエイトの会社との提携が切れたために、広告を差し替えたいのですが、どのようにすればいいのですか?
たとえば468×60のバナー広告を別のバナー広告に変えたい場合は、メインページのHTMLソースの最後尾にありますバナー広告のHTMLタグの箇所に新しい広告のタグをコピー&ペーストで変えていただければ、新しい広告が表示されるようになります。ただし、同じ広告サイズのもに変更されないと、レイアウトが崩れるなどの現象が起こりえます。

  


4.AFモードでは、非常に古いブラウザではレイアウトが乱れたりコンテンツが表示されなかったりするようですが、具体的にはどのブラウザで起こるのでしょうか?
Windows・・・Internet Explorer4.01、Netscape4.X、Netscape6.2未満など非常に古いブラウザ。Opera7.11以下の古いブラウザ
Mac・・・Internet Explorer4.5以下。Netscape4.x、Netscape6.1未満など非常に古いブラウザ

ブラウザ・シェア 合計で0.5%未満(200人に1人)です。もし、これらのブラウザも切り捨てたくないということであれば、サポートにご相談ください。

  


5.AFモードを利用する上で、注意すべき点や、賢い利用法などありましたら、教えてください。
以下の点にご留意ください。
  •  タグは見てのとおり、コメントタグの形式になっていますので、オリジナルのHTMLファイルに挿入しても、このタグ自体はブラウザには表示されません。いわば無害です。しかし、コメントタグの閉じ忘れが合った場合(「-->」が無い場合)や、非暗号化部分の出だし部分を指定する「<!-- shtml start -->」に呼応する「<!-- shtml end -->」が見つからない場合、特定箇所が全く表示されなかったり、意図せぬ部分まで拡大されて非暗号化の対象になることが起こるかもしれませんので、十分にご注意ください。

  • 広告に限らず、暗号化したくない部分に対してはこのAFモードはご活用いただけるかと思いますが、「<!-- shtml start -->」「<!-- shtml end -->」で囲む部分は、ある程度、意味のあるHTMLタグのまとまりごとに行ってください。あまりにも変な区切り方(「<tab」と「le>」で分ける、「<strong>〜」と「</strong>」で分けるなど)で、暗号化部分と非暗号化部分を分けられた場合、意図どおりに動作するか保証いたしかねます。

  •  タグによる指定は、このAFモードでのみ有効です。他のモード(ウイザード、アドバンスド、SEOフレンドリー、簡易認証)では有効でありませんので、ご注意ください。
  • たとえば468×60のバナー広告を別のバナー広告に変えたい場合は、メインページのHTMLソースの最後尾にありますバナー広告のHTMLタグの箇所に新しい広告のタグをコピー&ペーストで変えていただければ、新しい広告が表示されるようになります。ただし、同じ広告サイズのもに変更されないと、レイアウトが崩れるなどの現象が起こりえます。

  


6.<!-- shtml start -->タグを入れているのに、「現在のモードでは無効である」旨のエラーメッセージのようなものが表示されました。暗号化したくない部分があって、かつ、SEOフレンドリーのようにHTMLファイルとJSファイルの自動分離を行いたい場合はどうすればいいのですか?
まず、<!-- shtml start -->タグは確かに暗号化したくない部分を指定するためのタグですが、このタグはAFモードでのみ有効です。現在のところ、AFモードとSEOフレンドリーバージョンを合体したようなモードは準備されていません。AFモードで暗号化後、二つのHTMLファイルが生成されますが、それぞれのHTMLファイルにつき、手動でHTMLファイルとJSファイルの分離を行っていただく必要があります。