SHTML--よくある質問(画像保護機能について)

  1. 画像ファイルの一部が欠けて表示されます。もしくは、画像がオリジナルより小さく表示され、画像の周りにスペースが出来ています。

  2. 右クリック禁止機能だけでは十分でないのですか? 何のために、この画像保護機能はあるのですか?

  3. 私が試したところ、ダミー画像ではなく、オリジナルの画像がそのまま保存できてしまいました。なぜでしょうか?
  4. 右クリック禁止を併用していると、画像保護機能が本当に正しく機能しているのか分かりません。どのようにすれば分かりますか?

  5. 画像保護機能を使えば、右クリック禁止機能はいらないのですか?

  6. 画像保護機能は使いたいですが、ページの暗号化はしたくありません。どのようにすればいいのですか?


FAQ検索:
1.画像ファイルの一部が欠けて表示されます。もしくは、画像がオリジナルより小さく表示され、画像の周りにスペースが出来ています。
体験版及び製品版における画像保護機能の項目にあります「知っておいて頂きたいことや制限事項などがあります。必ずコチラを一度はご覧ください。」というリンクは見ていただけましたでしょうか? そこでも説明させていただいておりますように、画像の実際のサイズとは異なるwidth,heightをIMGタグの中で書くことにより、拡大・縮小・変形をされている場合、意図どおりに表示されません。

widthやheightを全く指定していない場合(空欄)は、問題ありません。実際の画像サイズと異なる値をwidth、heightで指定している場合にのみ問題が発生します。このような場合、問題の画像ファイルをHTMLファイルで指定しているwidthやheightに実際にリサイズして、それをサーバにアップしていただく必要があります。これは本機能の仕様です。


  


2.右クリック禁止機能だけでは十分でないのですか? 何のために、この画像保護機能はあるのですか?
「「SHTML」の動作環境について:右クリックを禁止しても、あるブラウザを使えば右クリックできます。バグではないのですか?」の項目でも説明していますように、一部のブラウザでは右クリック禁止が有効になりません。また、画像を保存するのには「右クリックで保存」が最も一般的ですが、それだけではありません。そのため、右クリック防止だけでは、画像保護の観点からは100点満点とは言えません。

そこで、本画像保存機能のように、仮に右クリックされたとしても、ダミーの画像しか保存できないようにするなどの対処法が必要です。


  


3.私が試したところ、ダミー画像ではなく、オリジナルの画像がそのまま保存できてしまいました。なぜでしょうか?
いくつかの可能性がありますが、残念ながら、ここではご説明できません。体験版及び製品版における画像保護機能の項目にあります「知っておいて頂きたいことや制限事項などがあります。必ずコチラを一度はご覧ください。」というリンクを一度読んでみてください。その上でご質問がある場合には、お手数ですが、掲載URLを明記の上、サポートまでご連絡ください。

  


4.右クリック禁止を併用していると、画像保護機能が本当に正しく機能しているのか分かりません。どのようにすれば分かりますか?
SHTMLを使って暗号化をする際に、一度、「右クリック禁止」のチェックを解除して、暗号化してください。最終ステップで暗号化ソースが生成されますが、同一画面で、弊社サーバにおけるプレビューが可能なボタン・リンクがありますので、そちらでプレビューして確認してみてください。正しく動作しているのを確認したら、SHTMLアプリケーションの下フレームに弊社のコピーライト表記とともに、「一つ前のステップに戻る」というリンクがありますので、そのリンクを使って前のステップに戻り、再び、右クリック禁止を選択して暗号化を行ってください。

  


5.画像保護機能を使えば、右クリック禁止機能はいらないのですか?
お客様がSHTMLを利用される目的によるでしょうが、多くの場合は、両方の機能を使ったほうがより完全なる防御ができるようになっています。

ただし、お客様のご利用目的が、画像・イラストの保護ということに特化しており、また、できれば右クリック禁止というようなユーザビリティーを下げる方法は使いたくないということであれば、そのような利用法も可能だと思います。ただし、最大限の効果を狙うならば、両機能を併用されることをオススメします。


  


6.画像保護機能は使いたいですが、ページの暗号化はしたくありません。どのようにすればいいのですか?
ページの任意の一部分を暗号化できる「どこでもSHTML」というメニューをご利用ください。ページ全体のソースはそのままでも、右クリック禁止や画像保護機能だけを組み込むことは可能になります。「ページの任意の一部分」ということは、「<!-- a -->」のようなコメントタグを暗号化する形でも良いことになります。

この際、「どこでもSHTML」で生成されるJavaScriptを外部ファイル化するようにされると、SEOにも優しいです。どこでもSHTMLに関するFAQもご参照ください。