SHTML--Flashファイル・Shockwaveファイル・
Windows Mediaファイルなどを含むページについて

  1. Flashファイルで2回クリックしなければ、コンテンツが表示されなくなりました。また、「このコントロールをアクティブ化して使用するにはクリックしてください」というパルーン表示が出ます。

  2. 2006年4月のWindows Updateにより、IEのActiveXの呼び出し方法が変わったことを受けて、アドビ社やマイクロソフト社が推奨する推奨の方法でオリジナルのHTMLソースを修正しました。その後、SHTMLで暗号化するとレイアウトが崩れました。なぜでしょうか?

  3. FlashやWindows Mediaファイル上での右クリックは許可したいのですが、「右クリック禁止」を選択すると、同ファイル上でも右クリックできないため、オリジナルのコンテクストメニューなどが表示されません。どうしたらいいですか?

1.Flashファイルで2回クリックしなければ、コンテンツが表示されなくなりました。「このコントロールをアクティブ化して使用するにはクリックしてください」というパルーン表示が出ます。

これは2006年4月におけるWindows Update実施後にIEにおいてのみ表示される内容であり、SHTMLで暗号化される前から発生する事象です。

回避策はマイクロソフト社やアドビ社から発表されています。また、弊社では、「IEの2006年4月の仕様変更に伴うFlashやWindows Mediaファイルの動作について」という技術文書を公開しています。この中で、弊社開発の無料WEBアプリケーション「JavaScript Maker for Flash」のご紹介をさせていただいています。また、「JavaScript Maker for Flash」はver. 1.25以降、SHTMLのプログラム内にもおまけソフトとして収録されています。まずは、上記リンク先の説明をご参照いただき、それでもご不明の点がありましたら、お手数ですが、サポートまでご連絡ください。

  


2.2006年4月のWindows Updateにより、IEのActiveXの呼び出し方法が変わったことを受けて、アドビ社やマイクロソフト社が推奨する方法でオリジナルのHTMLソースを修正しました。その後、SHTMLで暗号化するとレイアウトが崩れました。なぜでしょうか?
アドビ社やマイクロソフト社が推奨する方法は、簡単に言いますと、Flashなどを表示させるためのタグであるobjectタグやembedタグを、HTML本体内に書くのではなくて、外部ファイル(JSファイル)の中でdocument.writeすることで出力するようにするということです。つまり、HTML本体とFlashファイルを別々のファイルに分離するという考え方です。

この場合に、SHTMLでHTML本体を暗号化しますと、HTML本体の表示が終わって初めて、別ファイルに分離したFlashファイルがdocument.writeで表示されることになり、結果的に、Flashファイルはページの最下部に表示されることになります。暗号化前のページでは、Flashがページの上の方にあっても、必ず最下部に表示されます。

このレイアウト崩れの問題を解消し、かつ、「このコントロールをアクティブ化して使用するにはクリックしてください」という表示(この表示自体はSHTMLとは関係がありません。マイクロソフト社の特許裁判の結果を受けた仕様変更です。)が出ないようにすることがするためには、弊社開発の無料WEBアプリケーション「JavaScript Maker for Flash」をご活用ください。また、「JavaScript Maker for Flash」はver. 1.25以降、SHTMLのプログラム内にもおまけソフトとして収録されています。

「JavaScript Maker for Flash」は、基本的には、マイクロソフト社などが推奨するやり方と同じですが、SHTMLで暗号化した場合に不具合が発生しないように、数箇所の修正を施してあります。また、JavaScript化したソースを難読化処理することが可能なようになっています。

まずは、上記リンク先の説明をご参照いただき、それでもご不明の点がありましたら、お手数ですが、サポートまでご連絡ください。

  


3.FlashやWindows Mediaファイル上での右クリックは許可したいのですが、「右クリック禁止」を選択すると、同ファイル上でも右クリックできないため、オリジナルのコンテクストメニューなどが表示されません。どうしたらいいですか?
上級者オプションの中の「右クリック禁止を行う場合でも、Flash上や埋め込み型Windows Media Player上などでの右クリックは許可する。」をご利用になることで可能です。

関連情報: Flashにおけるコンテクストメニューについて